東京大田区を活動拠点とするアマチュア楽団です - キャッチコピーなど
 
東京フォレストオーケストラ へようこそ! 

(2018/09/10「練習予定」ページを更新しました)

約35名のメンバーで原則として毎週土曜日午後で練習をしています。
見学の方大歓迎! お問合せページでお気軽にご連絡ください。



第14回定期演奏会風景

【第15回定期演奏会

2019年2月23日(土)14:00開演 (13:30開場)

渋谷区文化センター大和田 さくらホール

ウェーバー 「魔弾の射手」序曲
グリーク ビアノ協奏曲 イ短調
ベートーベン 交響曲第3番「英雄」

入場無料

指揮:室賀 元一


【第16回定期演奏会

2019年8月17日(土)14:00開演 (13:30開場)

江東区文化センター
東京メトロ東西線「東陽町」駅 1番出口より徒歩5分
指揮:室賀 元一



【団員募集中】 
当楽団では団員を募集しています。ご見学は随時受け付けております。後ろで合奏練習を聴くだけでも、楽器を持参され一緒に演奏するのでも構いません。お気軽にお問い合わせください。
 

〈募集中のパート〉
弦楽器
・ヴァイオリン 5名
・ヴィオラ 3名
・チェロ 3名
・コントラバス 3名

管楽器
・トランペット 1名
・ホルン 2名
・オーボエ 2名
・ファゴット 2名
                     

【見学をご検討の方へ】
当楽団にご興味をもっていただき、ありがとうございます。
見学に当たりよく頂く質問や、不安に思われるかも知れない点をまとめてみました。

 オーケストラは初めてなのですが、大丈夫でしょうか?
 大丈夫です。もちろん経験豊富な奏者もたくさんいますが、大人になってから楽器を始めた方も多数在籍しています。(私もそうです)。特に弦楽器は、「弦練」を充実させており、「どのように弾いたらいいか」「楽に弾けるか」を練習シーズンの初期の段階からコンサートマスターが丁寧に優しく教えてくれます。初級の方でもレベルに合わせて、ボーイングや運指を細かく指導してくれます。もちろんできないところ、合わないところは何度も何度もとことん練習します。そうやって初級者でも弾ける箇所がどんどん増えていきます。たとえ最後まで弾けないところがあっても、みんなでアンサンブルすることを意識する、これを当団では大切にしています。
  
 費用はどのくらいかかるのですか?
 毎月いただく定額の「団費」と、演奏会の都度いただく「演奏会費」があります。具体的な金額は個別にお問合せください。ただ、一般的なアマチュアオーケストラと比較して高いということはありません。ご自身の楽器にかかる費用は個人でご負担ください。

 楽団の雰囲気はどうですか?
 個性的な方が集まっていますが、小規模であることもあり基本的にアットホームです。知らない人と音楽はできませんよね。時には意見が対立することもありますが、そこは大人なのでみなさんうまくやっています。大きな規模のオーケストラと異なり、1人1人が顔と名前はもちろん、演奏スタイルを知ったうえで一緒に音楽を作っています。


都内にはたくさんのアマオケがあります。
プロの指揮者が指導する伝統あるオケから、特定の企業や学校の在籍者・OBのオケ、演奏を追及されて上級者の方がたくさんおられるところ等々様々です。
当団は歴史も浅く、市や区の後ろ盾もないまだ小さなオーケストラですが、上級者も初級者も一緒になって音楽を楽しんでいます。
ただ譜面どおりに演奏するだけでなく、パートごとの役割をしっかり認識し、アンサンブルを大切にすることで、おなじみのあの曲も、一度やったことのある曲も、ひと味違う魅力に感じられると思います。
ぜひ一度お気軽に練習に参加してみてください。


 
 【演奏会履歴】
ご来場ありがとうございました 
 (En. = アンコール)

【第14回定期演奏会】
2018年8月25日(土)14:00開演 江東区文化センター 指揮:室賀元一
ビゼー:  アルルの女 第1組曲 第2組曲
フランク: 交響曲 ニ短調
(En. オッフェンバック 「天国と地獄」より「序曲・カンカン」)

【第13回定期演奏会】
2018年2月3日(土)18:00開演 江東区文化センター 指揮:室賀元一
シューベルト: 交響曲第3番
ベートーベン: 交響曲第7
(En. シューベルト作曲・室賀元一編曲 3つの軍隊行進曲より「第1番」)

【第12回定期演奏会】
2017年8月19日(土)14:00開演 銀座ブロッサム 指揮:室賀元一
モーツァルト:「ドンジョヴァンニ」序曲
ビゼー: ハ長調交響曲
ドボルザーク: 交響曲第7
(En. ビゼー アルルの女第1組曲より「カリヨン」)

【第11回定期演奏会
2017年2月4日(土)14:00開演 銀座ブロッサム 指揮:室賀元一
ベートーベン:交響曲第1番
ブラームス:交響曲第1番
(En. グリーグ 十字軍の兵士シガールより「行進曲」)

【第10回定期演奏会
2016年8月11日(木)14:00開演 銀座ブロッサム 指揮:室賀元一
シベリウス:交響詩「フィンランディア」
グリーク: 「ペールギュント」第1組曲
シベリウス: 交響曲第2番
(En. シベリウス カレリア組曲より「行進曲」)

【第9回定期演奏会】
2016年2月13日(土)14:00開演 銀座ブロッサム 指揮:室賀元一
モーツァルト:「フィガロの結婚」序曲
プーランク: シンフォニエッタ
チャイコフスキー: 交響曲第5番
(En. チャイコフスキー 組曲「白鳥の湖」終曲)

【第8回定期演奏会】
2015年8月29日(土)14:00開演 大田区民プラザ大ホール 指揮:室賀元一
メンデルスゾーン:「フィンガルの洞窟」序曲
ハイドン: 交響曲第101番「時計」
ブラームス: 交響曲第4番
(En. ブラームス「ハンガリー舞曲」第5番)


【第7回定期演奏会
2015年2月7日(土)14:00開演 銀座プロッサム 指揮:室賀元一
ブラームス 「悲劇的序曲」
伊福部昭 交響譚詩
べートーベン 交響曲第6番 「田園」
(En. ドボルザーク 交響曲第8番より第3楽章) 


【第6回定期演奏会
2014年8月16日(土)14:00開演 銀座プロッサム 指揮:室賀元一
クラリネット独奏:横田揺子
モーツァルト 「魔笛」序曲
ウェーバー  クラリネット協奏曲第1番ヘ短調
ブラームス  交響曲第2番ニ長調
(En. チャイコフスキー「くるみ割り人形」より行進曲)  


【第5回定期演奏会
2014年2月8日(土) 14:00開演 大田区民プラザ 指揮:室賀元一
ウェーバー   「魔弾の射手」序曲
シューベルト  交響曲第7番「未完成」
ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」 
(En. チャイコフスキー「くるみ割り人形」より花のワルツ) 
 
【第4回定期演奏会
2013年8月24日(土) 14:00開演 荏原文化センター 指揮:室賀元一
ニコライ      「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲
フォーレ      「ペレアスとメリザンド管弦楽組曲 作品80
ドヴォルザーク   交響曲第9番ホ短調「新世界より」作品95
(En. なし) 
 
【第3回定期演奏会】
2013年2月23日(土)14:00開演 銀座ブロッサム 指揮:室賀元一 
ヴァイオリン独奏: 阿部奈穂子 
モーツァルト 「コジ・ファン・トゥッテ」序曲 K.588
メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64
ベートーヴェン 交響曲第8番 ヘ長調 Op.93
(En. ヘンデル「水上の音楽」よりアラ・ホーンパイプ) 

 
【第2回定期演奏会】
2012年8月25日(土)14:00開演 烏山区民会館 指揮:室賀元一
ベートーヴェン 「エグモント」序曲
ベートーヴェン  交響曲第3番「英雄」 
(En. 「英雄」より第3楽章)   

第1回定期演奏会】
2012年2月12日(日)13:30開演 成城ホール 指揮:室賀元一
ラヴェル 亡き王女のためのパヴァーヌ
ドヴォルジャーク 弦楽のためのセレナード
モーツァルト 交響曲第40番
(En. フォーレ「パヴァーヌ」) 
 
 




【指揮者挨拶】


こんにちは、当楽団の指揮を拝命しております室賀と申します。この楽団は2011年9月に、以下のような理念で設立しました。 

  •  楽器初心者でもオケ未経験者でも入れる団体にしたい。
  •  入団時の楽器の達成度を重視するのではなく、入団後の上達への努力に価値を置き、そういう人間性をお互いに尊重するような大人の団体にしたい。
  •  演奏会の曲中にも技術的進歩が得られる要素を見出し、アンサンブル力の向上や個人練習の目標とする。その事が長期的には楽団全体のスキルアップに通じ、楽団のレベルの底上げを支えると思われる。
  • 楽団員は例え楽器は初心者・初級者であっても、曲に対しては真摯に取り組み、出来得る限り丁寧な音作りをするスタンスを持って欲しい。
  • どの曲にもそれぞれの良さがある事を理解する目的で、曲目やスタイルを限定しない。 

また私自身の音楽作りに対する考え方は以下の通りです。

  • 各パートが自身の役割を理解した上で、全体として曲の構成がはっきり分かるような演奏をしたい。
  • そのためには細部(各声部の関係、フレージング、音程)から詰めていき、技術的に未熟でも「こう演奏したい」という意図が明確に出るようにしたい。
  • 逆に奏法やスタイルを「こうでなければならない」と限定的に決めつけるようなアプローチは排除したい。
  •  曲の背景やエピソードを指揮者が楽団員と共有しようとする楽団もあるようですが、私自身はそういうアプローチはとっていません。このあたりは個人の感性や想像力を尊重したいと思っています。

皆様もぜひ、私たちと一緒に音楽を作って行きませんか。
記載 指揮 室賀元一






Facebookやっています。