ろうさいの森アンサンブル - 東京労災病院(東京都大田区)を活動拠点とするアマチュア楽団です
RSS

最新記事

8/2の練習
7月26日の練習
7/12の練習
7/5の練習
6/28の練習
検索エンジンの供給元:

ろうさいの森アンサンブル ブログ

2013年3月16日ウィンザー、ペレアスとメリザンドの初合わせ

「今日はウィンザー、ペレアスとメリザンドの初合わせでした。 見学者の方々もいらっしゃっていたので、比較的各パートがそろっていましたね。個人的に、今回の曲の中で一番さらわなければいけないのはウィンザーなのですが、曲作りが難しいのはペレアスとメリザンドかなと思っています。ただ正直なところ2ndオーボエは吹くところがほとんどなく、寝落ちしてしまいそうでした。。。すみません。いよいよ花粉症で楽器を吹くのにも一苦労な季節となってきました。本番まで半年弱あるとはいえ、一回一回の練習を大切にしていきたいものですね。がんばりましょう♪」

2013年3月16日ウィンザー、ペレアスとメリザンドの初合わせに対する4件のコメント:

コメントRSS
あっし~ on 2013年3月17日 22:49
練習おつかれさまでした。管楽器で花粉症、本当に辛いですね。見学者もたくさんで、初見なのにすでに大盛り上がりでした。夏の本番は体調管理が肝なので、今から夏バテ予防をしなくてはと考えています。
コメントに応答する


sskikaku on 2013年3月19日 22:46
たまにはクラリネット族の苦労を書きます。ウィンザーはクラリネット譜はinCで書かれています。クラリネット奏者はB管A管2本の楽器を持っているのが一般的です。(最近ではC管を持っている人もいるようですが。)私はC管を持っていませんので、inCの楽譜で演奏するときはB管で長2度音を上げて吹くことになります。だから音符のドはレですし、音符のレはミを吹くことになります。「なんだ簡単じゃないか」と思われるかもわかりませんが、実際には臨時記号が頻繁に出てきますので、この前の練習のように初見状態ですと非常に厳しい。だから音を間違うこともあると思いますが当分は大目に見てやってください。オケ老人のボケ防止にはすごく良い訓練です。
コメントに応答する


かつおぶし on 2013年3月21日 12:48
ペレアスの二曲目、「糸紡ぎ」。結構な難曲なんですよ。 まるでエチュードのような。。カイザーを思いだすなあ。。 夢にまで出てくるようになり、ついに昨日練習しました。 同じようなフレーズが出てくると思いきや、突然裏切られたり・・・ 正直、他のパートの旋律を聴いている余裕などまったくなく。 早く暗譜しないといけませんね。 近頃、覚えが悪く忘れが早い。
コメントに応答する
 
アン・ブーリン on 2013年3月28日 19:33
エチュードそのものですよ。暗譜するの?

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment