ろうさいの森アンサンブル - 東京労災病院(東京都大田区)を活動拠点とするアマチュア楽団です
RSS

最新記事

8/2の練習
7月26日の練習
7/12の練習
7/5の練習
6/28の練習
検索エンジンの供給元:

ろうさいの森アンサンブル ブログ

2013年3月9日 初練習、見学者6名

演奏会からはやくも2週間たちました。
春らしい、あたたかくてとても良いお天気でした。

今日は、演奏会後の初練習です。
団員の出席は少なめでしたが、見学の方が6名いらっしゃいました。
これから一緒に演奏できるといいな。

「新世界」を全楽章演奏しました。
初見でしたが、あの有名な「新世界」感を味わえて、ワクワクしました。
が。。。冒頭の、はずしようのない大事な音を一人ではずしてしまい、
やり直し。。。。すみません。。。。

帰りのバスから見る景色が妙に明るい。
そういえば、前回の労災病院での練習は3週間前。
すっかり日が長くなってきたんですね。

2013年3月9日 初練習、見学者6名に対する1件のコメント:

コメントRSS
Capybara on 2013年3月11日 7:10
演奏会後の初練習、お疲れ様でした。今回は楽団結成して初めて初回音合わせに弦のほぼすべてのパートが揃い、かつ弦楽器が管楽器に依存してきた前回までの状況を一掃するような力強さの演奏で、「管弦楽」というにふさわしい雰囲気が出せてきている感じがありました。これからの練習にも熱が入りそうで、いい緊張感を感じました。 そうしてみると前回までは敢えて目をつぶってきた演奏上の問題も色々と見えてきました。例えば記譜の読みの甘さ、リズム感の不正確さ、音程の微妙な狂いなど、ピンポイントで修正すべき所が様々あるようです。特に第2楽章の調性「Des dur」はスケールから入りましたが既にかなりまずい音程です。さらにその後cis mollに変わって、最後Des durに戻るという、嫌な調性続きです。ただ緩除な音形が多いですので、こういうところでこそ、普段いい加減に見過ごしてきた音程の狂いや和音の響きを確認しながらアンサンブル力を強化するいい勉強ができるだろうと感じました。
コメントに応答する

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment