東京労災病院(東京都大田区)を活動拠点とするアマチュア楽団です - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

8/2の練習
7月26日の練習
7/12の練習
7/5の練習
6/28の練習
検索エンジンの供給元:

ろうさいの森アンサンブル ブログ

2013年1月26日 打楽器・ソロ合わせ

 今日は大久保のクラシックスペースにて、朝から打楽器、ソリストの阿部先生に加わっていただき全曲の合奏練習をしました。この会場は東京交響楽団の練習会場でもあり、丁度この1月2月3月東響は新国立劇場で「タンホイザー」「愛の妙薬」と「アイーダ」のオケピットに入ることになっているので、ここで練習しているのかなと思ったりしました。

 今日の練習はベートーベンとコンチェルトだけと勘違いしていた人もいて(私もですが)最初戸惑いました。最後のコンチェルトは時間ぎりぎりまで練習したため、会場の人から「至急退去」命令が出て慌ただしく会場をあとにしました。

 本番まで1ヶ月を切りましたが、頑張って参りましょう。

2013年1月26日 打楽器・ソロ合わせに対する3件のコメント:

コメントRSS
あっし~ on 2013年1月27日 22:28
打楽器、ソリスト合わせおつかれさまでした。メンデルスゾーンの方はもう少しソリストに集中しなくてはいけないと思いました。いよいよ本番1カ月前を切ったところですが、ソロパートとオケの対話を中心にひとりひとりがきちんと楽曲の理解に努めねばと感じました。頑張ります。
コメントに応答する


Capybara on 2013年1月28日 10:56
前日は夕食会でのアンサンブル演奏、翌日は早朝からソロ・打楽器合わせ、ホールの下見と打ち合わせと、音楽に明け暮れた週末でした。翌日は日曜日にもかかわらず全日仕事が入り、強制的に仕事モードに切り替えましたが、オケ関連の連絡事項も山積み、嫌でも演奏会前の慌ただしいモードに突入した感があります。 ぎりぎりまでコジのボーイングが定まらず、またそこの演奏がなかなか決まらず皆様の貴重な時間を費やしてしまった点はお詫びしたいと思います。ここにかぎらずポイントで1st Vnがバラけてしまう箇所がちらほらあり、ここを改善すれば全体にもっと聞き映えがするなあ、と意欲もそそられ、次回は1st Vn練を計画してみましたので皆様、ご容赦のほどを。
コメントに応答する


sskikaku on 2013年1月31日 22:45
コンチェルトではかなりソリストとずれていた箇所がありました。オーケストラはソリストをもっと聴くことが必要だと思いました。音楽はかなり揺れています。(それでもソリストは目一杯の表現はしていないと感じました。わがオケがついてこれるレベルに表現を抑えておられます。)12、12と単純なきちっとしたリズムではありません。自分の世界に入らずにソリストと一体となった演奏としましょう。もし指揮者とソリストがずれたとしてもソリストのほうに合わせましょう。音楽は流れです。自分が弾いていないときでも弾いているがごとく音楽の流れに乗ることが大切です。ソリストの表現は、次はどんなことをやりたいかわかりやすい演奏です。次のフレーズはどういう音楽としたいかが大変わかりやすい。(言い換えれば音楽の流れが自然なので聴いていて大変きもちがいい。素晴らしい。)楽器の違いを越えて表現の仕方など大変勉強になると思います。偉そうなことを言いましたが、これは自分に言い聞かせているのです。
コメントに応答する

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment