東京労災病院(東京都大田区)を活動拠点とするアマチュア楽団です - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

8/2の練習
7月26日の練習
7/12の練習
7/5の練習
6/28の練習
検索エンジンの供給元:

ろうさいの森アンサンブル ブログ

2012年11月3日合奏 その2

Vn新入りのたまこです。オケ初めてで皆さんの足をかなり引っ張っており、ご迷惑をおかけしておりますが、早く付いて行けるように頑張りたいと思っております。よろしくお願いします。本日は後半が17日の病院見学会木管練習のため、全体合奏は短時間集中のベートーベンでした。今日は特に音の長さ(スタッカートの有無での音の長さの違いや、休符をきちんと感じること)や強弱をきちんとつけることの指摘がありました。よく考えたら譜面にはきちんと書いてあることばかりですが、雰囲気で流されて曖昧になりやすいところ、譜面通りに正確に演奏することの難しさ、自分の甘さを感じました。加えてフレーズ感を意識すること。これで歌い方が変わってくると思います。
合奏後は木管五重奏の方の初合わせ。一回で通るのがさすがです。ずっと聞いていたかったのですが、今日は弦トレーナーの阿部先生のリサイタルがあり、プログラムに2月定演フライヤーを差し込みさせて頂けることになったため、木管五重奏の続きは本番を楽しみにして、リサイタル会場へ移動しました。職場から拝借した指サックのおかげで差し込みは早々に終わり、受付一番乗りで良い席へ。フルートの先生との共演でどちらの音色も引き立つ素晴らしい演奏でした。このリサイタルを聴くのは3回目ですが、毎回先生方の衣装も楽しみです。先生の華麗なお姿に、定演のメンコンでは何色のドレスかな〜、と今から楽しみで、しっかりした伴奏が出来るようにならなきゃな〜、と明日から気合いを入れます。

2012年11月3日合奏 その2に対する1件のコメント:

コメントRSS
Capybara on 2012年11月5日 15:48
またまたCapybaraです。阿部先生には翌日もVn練をお願いし、更に本日はボーイングの修正をやっていただいています。感謝・感謝です。Vn練ではフレージングや弓の位置に合わせたボーイングや、音程の取り方の工夫、早いパッセージの論理的なフィンガリングなど、色々と勉強させて頂きました。次のVn練は30日です。今から楽しみです。 しかし、女性の演奏家は大変だなあ…演奏会でも、1部と2部とでドレスを変えるそうです。楽しみと言えば楽しみですが、出費の方もばかになりませんよね。
コメントに応答する

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment