東京労災病院(東京都大田区)を活動拠点とするアマチュア楽団です - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

8/2の練習
7月26日の練習
7/12の練習
7/5の練習
6/28の練習
検索エンジンの供給元:

ろうさいの森アンサンブル ブログ

2012年5月12日

GWも終わり、休み明け最初の練習でした。休み中に指揮者の室賀さんから演奏上の指示や注意事項の詳しいメモをいただき、自分なりに理解しながら練習をしていました。今日は、英雄の第一楽章で、特に提示部に時間をかけて、非常に丁寧な音作りでした。スフォルツァンドの表現、ベーレンライター版の楽譜のくさび(スタッカート)記号の解釈、クレッシェンド・デミヌエンドの掛け方のタイミングなどベートーヴェンらしい交響曲へ向けてのご指導がありました。その後の長大な展開部でのシンコペーションや ヘミオラなどは、合奏ではまだまだ課題です。
 前回の演奏会から早くも三ヶ月近く経過し、8月の演奏会まで残り半分のところにきました。私個人としては、何とか間に合うように個別練習にて一層の努力が必要な状況です。今後は分奏やトレーナー練なども予定されており、なんとか巻き返せるように頑張りたいと思います。
 なお、クラリネットの見学の方がいらっしゃいました。いきなりですが一緒に合奏し、気に入っていただけたようで、帰り道に話したときは来週もいらっしゃるとのことでした。私自信も2月の演奏会以降に入った新入団者ですが、楽団の皆様から親切にしてもらい少しずつ進んでいます。

2012年5月12日に対する1件のコメント:

コメントRSS
capybara on 2012年5月13日 6:28
こんにちは、只今2ndの1プル表に座らせていただいているcapybaraです。12日の練習時、Vnは課題が山積みでしたが、前回エロイカの1楽章をやった時と比べると数段上達しているのも感じられました。指揮者からあのくらい細かい指示が出るのも全体を通せるだけの上達度があるからこそ、と私はポジティブにとりましたがどうでしょうか?指揮者から奏法の支持がでたらそれに即時に対応できる柔軟さもとても素晴らしいと思いました。なんにしても、個人個人がこうやって毎回の練習後に練習時の反省をし、次に生かす事によって効率的な練習ができます。管の人達はすでに指揮者から来た注意事項のメールを実際に実践していた事を考えると、Vnも頑張らねばな、とは思いましたが(笑)。
コメントに応答する

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment